M3B Corpus(近日公開)

M3B (Multi-Modal Meeting Behavior) Corpus は、グループミーティングにおける参加者の微小行動(Micro Behavior)を複数のセンサでセンシングし、アノテーションを加えたデータセットです。

データセットの概要

  • RICOH THETA V
    • 全参加者の微小行動(表情や仕草など)を動画として記録
    • OpenFace, OpenPose で特徴量に変換済み
  • Pupil Labs Eye Tracker
    • 装着者の眼球運動(両眼)を動画・CSVとして記録
    • 装着者から見た風景を動画として記録
    • 眼球運動から視線を計算し、風景の中での座標として記録
  • LPMS-B2
    • Pupil Labs のつる部分に装着
    • 頭部の加速度をCSVとして記録

利用条件

本データセットの利用は、非営利・研究用途に限ります。データセットを利用した研究成果を学会などで発表する際には、下記の論文を引用してください。

Yusuke Soneda, Yuki Matsuda, Yutaka Arakawa: “hogehoge”, in proceedings of XXXXX conference, 2019.

データ

M3B Corpus は、下記の Google Drive にアップロードされています。下記リンクからダウンロードしてご利用ください。

データ提供元

M3B Corpus は、九州大学 ヒューマノフィリックシステム研究室(荒川豊 研究室)および、奈良先端科学技術大学院大学 ユビキタスコンピューティングシステム研究室(安本慶一 研究室)の共同研究の成果です。

本研究を遂行するに当たり、